バッファロー 大隊。 バファロー大隊 : DVD・ブルーレイ

【スタッフ】 監督=ジョン・フォード 脚本=ジェームズ・ワーナー・ベラ 、 ウィリス・ゴールドベック 製作=ウィリス・ゴールドベック 、 パトリック・フォード 撮影=バート・グレノン 美術=エディ・イマズ、 ジャック・マレイ 音楽=ハワード・ジャクソン 【キャスト】 ジェフリー・ハンター =カントレル中尉 コンスタンス・タワーズ=マリー・ビーチャー ビリー・バーク =フォスゲイト夫人 ウッディ・ストロード =ブラクストン・ルトレイジ ファノ・ヘルナンデス =スキッドモア ウィリス・バウチイ =フォスゲイト判事 カールトン・ヤング =シャトラック大尉 ジャドソン・プラット =マルギーン中尉 ビル・ヘンリー =ドワイヤー大尉 【あらすじ】 合衆国第9騎兵隊の『カントレル』中尉 南北戦争終了後、 軍法会議に付された黒人兵『ラトレッジ』軍曹の弁護を志願した 優秀な軍歴を誇っていた「ラトレッジ」が 16歳になる『ルーシイ』を犯し、絞殺した上、 彼女の父である『ダブニイ』少佐を射殺した という嫌疑によって告訴されていたのだ 最初の証人として「カントレル」の恋人『メアリー』が 駅員がインディアンに殺されて 無人の駅舎で 脱走してきた「ラトレッジ」に 命を救われたと証言した 砦の軍医「エックナー」の報告では 「ルーシイ」の死体から黄金の十字架がなくなっており ダブニイ少佐が 娘の襲われているのを 助けようとし 犯人に射たれたということだった 「カントレル」はインディアンを阻止するために偵察隊を率いて出動し その途中で「ラトレッジ」を捕らえたのだが 彼は被害者が死んでしまった以上、 黒人兵が何を言っても信じないだろうとだけ打ち明けた やがて偵察隊はインディアンの手にかかった「クリス・ハブル」の惨殺体を見つけた 彼は雑貨店の主人チャンドラ・ハブルの息子だった 偵察隊はアパッチに奇襲され、手錠をはずしてもらったラトレッジは大活躍したが 銃を手にしたラトレッジは突然逃げ出した 逃げのびたラトレッジはインディアンが待ち伏せしているのを発見し 偵察隊までひき返し それを報告した インディアンの死体から十字架が発見され・・・・明らかにルーシイの首飾りだった。 その後、カントレルは犯人を探すため、ラトレッジを呼ぶよう部下の黒人の老兵士スキッドモア(ファノ・フェルナンデス)に頼みました。 それを見たメアリーはショックを受け、ラトレッジは命の恩人で人間的に扱って欲しいと訴えましたが、カントレルは責務上ラトレッジを容疑者として扱わざるをえませんでした。

ただ、フォードだからいつも 「詩情溢れる…」でなければいけないと云うわけでは勿論なく、むしろこう云ったヒチコック張りの ミステリーでも水準以上の作品が撮れると云う意味で、フォードの力量を示したものとも云えるんじ ゃないでしょうか。

彼らは、これらの領域での軍事行動の大部分に参加して、顕著な実績を残した。

4

メアリーはあの夜に起きた出来事をありのままに語りますが、検察官のシャタック大尉(カールトン・ヤング)はラトレッジが不利になるような証言を引き出そうと誘導的な質問を繰り返しました。

「彼こそ有名なバファロー大尉さ」…メアリーがその歌詞の意味を尋ねると、カントレルはその昔第9騎兵隊が真冬にバファローの皮をかぶって先住民と戦ったことを教えました。 そのインディアンはまたCHと刻まれているバックスキンをつけていた。 ストーリー 1)エピローグ 物語の舞台はのカ、の合衆国陸軍南西地区本部。

6)証人カントレルの証言 エックナーの証言が終わると、シャタックは事件関係者としてカントレルの証人尋問を希望、カントレルは素直にこの求めに応じました。 また他の者は合衆国第93歩兵師団 第25歩兵連隊を含む で、太平洋戦線に務めた。

10

ビリー・バークやカールトン・ヤングの夫妻のやりとり、ジャドスン・プラットを使った酒のやり取り、随所にユーモアを盛り込もうと苦労している。 それに対して、ラトレッジは感情を露わにして反論しました。

5