ステロイド パルス。 治療

また、こまめに通院し検査を行い、副作用が大きくなる前に、未然に治療を行うことによって重大な合併症が発生するのを防ぐことができます。

9

しかし効果を確認できず、追加投与や血漿浄化療法が必要なこともあります。 使われる薬はほかにもあります。 3項目すべて揃う必要はない。

7

腎機能が低下した例では、腎不全の合併症(高血圧、電解質異常、骨ミネラル異常、貧血など)が見られる。 5~5mg程度が副腎皮質から生理的に分泌されています。 経口ステロイド療法 内服によるステロイドの治療です。

急性増悪期の治療(血漿浄化療法) ステロイドパルス療法の効果が充分に得られない場合や視神経炎や脊髄炎が重度の場合、また副作用のために大量のステロイド薬が使えない場合は、 血漿浄化療法 ( けっしょうじょうかりょうほう )(単純血漿交換療法、血漿吸着療法)がおこなわれることがあります。

4

また、膠原病症状のコントロールが困難な場合も推奨できません。

5

ハテナースは、看護師の手技に関する疑問を解決することで、質問したナースの看護技術・知識を磨くだけでなく、同じ疑問・課題を持っているナースの悩み解決もサポートします。 3つ覚えましょう!• Nat Rev Nephrol 2012,8:275-283. Koyama A, Igarashi M, Kobayashi M. 動脈硬化、高脂血症 動脈硬化を促進し、コレステロールや中性脂肪が高くなることがあります。 そもそも半減期の短いデキサメサゾンの点滴で、なぜ改善するのかはよくわかりません。