核兵器 禁止 条約。 国連の核兵器禁止条約、2021年1月に発効へ(UN News記事・日本語訳)

第1条 禁止 - 締約国による核兵器や核起爆装置の開発・実験・生産・製造・取得・専有・貯蔵の禁止• 禁止条約に反対する核保有国や「核の傘」の国々で、多くの人が条約への参加を政府に求めています。 - 核政策に関する法律家委員会 (英語)• しかしながら仮に12カ月の満 了時点で、脱退しようとしている国が武力紛争に関わっている場合、その締約国は武力紛争が終結するまで、 本条約および付属議定書の義務を負う。 国家による核兵器の非保有を法的に確認する手段としては、1970年に発効したNPTが存在する。

15

2017年9月20日に、、が批准。 今春、スイス・ジュネーブの国連欧州本部で開かれた核不拡散条約(NPT)再検討会議の準備委員会では、核禁条約を推進する国々と、これに反対する核保有国・同盟国との溝が埋まる気配はなく、議長総括は核禁条約について賛否両論を併記した。

また、アメリカのバイデン新大統領はオバマ政権時代に進めようとしたが、核抑止力に期待するして実現できなかった「核の先制不使用の宣言」(相手から核攻撃を受けない限り、自分たちは核兵器を使わないという宣言)について再検討することを選挙戦中に表明している。 宇都宮健児(弁護士) 唯一の戦争被爆国である日本政府が、核兵器禁止条約に参加し、核兵器廃絶の先頭に立つことは当然の責務であると考えます。

11

非核兵器地帯(NWFZ)の設立は、非核兵器諸国が核不拡散と信頼構築に向けて行うことができる現実的な貢献であり、5つの核兵器国は非核兵器地帯に対して安全を保証しています。 これには以下を含む。

20

被爆国の政府として、核兵器のない世界をめざす運動の側に立つことを求めます。

1

2020年10月26日閲覧。 六、国際法でのその他の責務や義務にかかわりなく、核兵器やその他の核爆発装置を使用、実験した締約国は、被 害者の支援と環境改善の目的のため、被害に遭った締約国に十分な支援を提供する責任を有する。 なお当条約の国連総会への採択を含め、条約の推進にはに核戦争防止国際医師会議から独立して結成された(ICAN)の貢献が大きいとされ、同団体は10月6日にを受賞した。

13

41)が、賛成123、反対38、棄権16で可決された。 日本は核廃絶を長期的な目標に据えているわけですが、階段は1歩ずつ上って行くもので、一足飛びには実現できません。 各国は国連憲章に基づき、国際関係においていかなる国の領土の一体性や政治的独立、あるいはその他の国連の目 的にそぐわない形での武力による威嚇や使用を抑制すべき点を想起し、さらに国際平和と安全の確立と維持は世界 の人的、経済的資源を極力軍備に回さないことで促進される点を想起。

18

(2)核兵器を全面的に禁止(第1条) 条約は、核兵器の開発、実験、製造、取得、保有、貯蔵、移譲、使用、使用の威嚇などの活動をいかなる場合にも禁止している他、この条約の禁止事項を他者が行う場合、それを援助し、奨励することも禁じており、あらゆる角度からもれなくその全廃を目指しています。 【前文】 本条約の締約国は、国連憲章の目的と原則の実現に貢献することを決意。 (d)核兵器もしくはその他の核爆発装置の使用、あるいは使用するとの威嚇。

5

二、50カ国の寄託が終わった後に批准、受諾、承認、加盟の文書を寄託した国については、その国の寄託から9 0日後に本条約が発効する。 条約第1 条では、推進派が目指した禁止規範を具現化するものとして、締約国による核兵器その他の核爆発装置(以下、核兵器)の a 開発、実験、生産、製造、取得、保有、貯蔵、 b 移転、 c 受領、 d 使用または使用の威嚇、 e 禁止された活動の援助、奨励、勧誘、 f かかる援助の要求・受諾、 g 領域内などへの配置、設置または配備の禁止が規定された。

11