バビロン アニメ 感想。 アニメ『バビロン』のラストに思ったこと

正崎が大統領を撃つ そして屋上まで行き、大統領と対峙します。 感想レビュー 第7話「最悪」 アバンタイトル 齋は子供に心臓を提供するために自殺を計画 野丸が連れてきた、父親の自殺を止めて欲しいと願う子供は、齋の子供・ 齋太陽だった。

16

少女との対話 少女は、生きて待つことを選択し、自殺を取りやめた。 側近の瀬黒まで投入し事態の把握に努めるが・・もう嫌な予感しかしません。

曲世がしてきたのは、人々を自殺させることだった。 レビュー作成時、原作未読 G7サミット開幕。 ~トロッコ問題~ トロッコが走っている線路上に5人の労働者がいる。

7

となれば、 原作小説と同じく、曲世の力によって無力化された(銃は撃ったけど当たらなかったみたいな) そして、原作と同じく胸ポケットの写真を見て、Cパートのあの行動に移ったのかな?と思います。 それを正崎が引き受けて、撃つことになるのですが、原作小説だとそれがなくて大統領は飛び降りてしまう。

まとめ 我々は、曲世に目を付けられ、人生を狂わされた正崎の視点から『バビロン』という物語に触れた。 このことからも「バビロン」が単純な刑事モノではないということが言えると思います。 確か円錐状のオブジェの一部になったのような表現だったと思います。

10

素直に考えれば、正崎が曲世を撃ったと予測される。

1

曲世が何かを終わらせたのは間違いない。

14

アニメとはあまり関係ない内容なので、興味のない人は読み飛ばしてもらった方が良いかもしれません。 このことから、大統領と対話した自殺志望者が語った身の上は、おそらく曲世愛自身のことだと推測されます。

5