阪神 ドラフト 2020。 阪神、東洋大・村上頌樹投手を5位指名 完成度高い“大人の投球”魅力― スポニチ Sponichi Annex 野球

また制球力も良く、変化球でストライクを取れるので、球の走りが良い時は打者を簡単に料理していけます。

「あの表情は、監督やコーチから『どのチームに決まっても、大喜びしたりガックリしたりするな』と、キツく指導されているからですよ。

1

300の被打率で勝ち投手になれません。 特にホームランの打てる左打者は近本の9本が最高なので、ある程度バットに当たりさへすれば積極的に出場機会が与えられると思います。 これについて、深掘りしていきます。

5

1位の佐藤選手で中軸候補を獲得し、2位では先発左腕の伊藤投手を獲得し、4位ではぽっかり穴の空いた20代前半の捕手を補強。

1

大学が同じ糸井選手に例えられることがありましたが、バッテングスタイルはソフトバンクの柳田に近いと思います。 188センチ102キロの恵まれた体格から重いストレート投げます。

村上が活躍すれば身長があまり高くない投手のドラフト指名が増えるかもしれません。

15

) 4位・栄枝裕貴(大学日本代表にも選出された強肩・強打の大型捕手。

11

阪神ファンです。 あるいは、一軍で多く打席に立てるかですね。

トップバッターは、オリックス、ソフトバンク、阪神、巨人の4球団が競合した大学球界屈指のスラッガー、近大・佐藤輝明外野手。