年金 所得税。 年金から天引きされる所得税と住民税の計算方法とは? [年金] All About

ただし、が2,400万円を超えると減額され、2,500万円を超えると基礎控除は0円になります。 その他の所得がある人は、前述したようにそれぞれの所得額を算出し、それらを合算した金額から所得控除を差し引いた残りの金額に税率をかけて所得税の金額を求めます。

11

一定の所得金額以下ならば場合があります(東京都の場合、給与収入100万円以下など)。

12

年金受給者の確定申告の負担を減らす制度もある 年金受給者は、原則として毎年確定申告が必要です。

5

以下のような場合は該当書類を無くさないように保管しておきましょう。 【計算例あり】提出した場合・しなかった場合の手取り額の差 続いて、扶養親族等申告書を提出した場合としなかった場合で、どの程度年金支給額(手取り額)に差が発生するのか、以下の前提条件のもとで計算してみましょう。

60歳以上65歳未満の在職老齢年金は、「基本月額」と「総報酬月額相当額」の合計額が28万円を超えるか超えないかで大きく2つに分かれます。 65歳以上で158万円以上受け取っているとき 65歳以上では、公的年金等の収入金額の合計が158万円を超える場合、所得税がかかります。

12

どれに当てはまるのかを再度確認してみましょう。

実際に年金を受け取る時になって想像していた以上に税金がかかってしまった……ということになっては困りますので、きちんと頭に入れておきたいものです。

1