反抗 期 ない。 反抗期がないのは大丈夫?反抗期がない子供の特徴と成長への影響

親に異論があっても、親の意見に従うことが一番楽な道だと感じていた時も私自身ありました。 「なんでもいい」「どっちでもいい」と考えるのを放棄してしまっているところがあります。 その程度なら、ほとんどの人に覚えがあるのでは? 【"反抗期がなかった"と言う人がいるのはなぜ?】 「お兄ちゃん お姉ちゃん なんだからと言われて育ったり、両親が厳しかったりすると、『我慢すれば人生がうまくいく』というパターンを覚えることがあります。

1

子どもにしてみれば、「うるせーな!」と反発しつつも、完全に放ったらかしにされてしまうと、それはそれで寂しかったり不安を感じたりするものです。

14

子供から大人へと成長する過程で誰もが通るものとされている。 そのように考えれば、思春期の子どもが体と心のアンバランスに戸惑い、様々な不安やストレスを抱えた結果周囲に反抗的な態度をとったとしても、それほど不思議なことではないといえるのではないでしょうか。

17

保護者にしてみれば、「親には話せずとも、他人になら話せるのか?」というジェラシーに似た思いも多々あるかと思います。 「小さい時は、わりとのんびりおっとりした子だったので、自我が芽生えるのも遅かったのかもしれません。

7

人を入れることで反抗的態度にセーブがかかり、お子さまが本音を語ってくれるようになれば、それはそれでとてもよいことなのですから。 日常会話の端々に離婚を匂わせるような内容をちらつかせたりすることは慎んでください。 私は教師時代たくさんの子どもと 心と体でぶつかってきました。

3

気づいたらやっていたことでやりたくないことがあっても自分を非難しないでください。 あるいは、自立しなければという自覚がなく、親べったりのままでいられる環境にあると、親を嫌いになる必要がないので、反抗期もないでしょう」 同 自覚していないわけではなく、本当に反抗期を体験していない人もいるということですね。 「なんとなく親が気に入らない」という反抗の場合は 思春期は、何もなくてもイライラする時期です。

17