松の内 の 意味。 松の内の意味と期間。松の内が明けるとは?

関東では1月7日までということになりますね。

神社にある『しめ縄』に縁起物を飾ったもので、子孫繁栄の意味が込められた橙や清廉潔白をあらわすウラジロの葉などが使われています。 関東で松の内はいつまでか 関東では、松の内は1月7日までを意味します。 その由来を知ると、心持ちも変わってきます。

11

年始の挨拶は松の内の間か 「新年あけましておめでとうございます。

13

そこで、いつまでが新年の挨拶にふさわしい時期なのかといことを表すものがあります。 なぜこの期間が地方で違っているのか、その理由は江戸時代にさかのぼります。 「まつのうち」と読みます。

昔は、関西と同じく1月15日までが松の内と全国的に統一されていました。

4

「松の内」はそうした年末の準備期間は含まず、年が明けて 1月1日からのお正月の期間を指すのが一般的です。 関東は期間が変更された? 関東に関しては、松の内の終了時期が変更した経緯があります。