お香典を送るときの手紙。 香典を郵送する時のマナーや、一緒に添える手紙の例文|葬儀・家族葬なら【よりそうお葬式】

お悔やみを手紙で述べている理由を書く お悔やみは直接述べるのが最も正しい方法であり、 手紙はいわば略式です。

16

ただし、蓮の花が印刷されている不祝儀袋は仏教でしか使えないので注意してください。

略儀ながら書中にて、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

また、喪主の名前がわからない場合は 「故人の名前様(ご遺族様)」と書くことで、失礼のない香典になります。 葬儀に関しては一定のマナーや決まりごともあるため、それらを踏まえることも必要です。

14

例えば、 「死んで」 「滅ぶ」「生存」「生きていた」などの、 直接、死を連想してしまうような言葉です。 現金は一般の封筒や宅配便では送れないので、注意が必要です。 本来であればすぐにでも弔問にお伺いすべきところ、遠路ままならず、略儀ながら書中にてお悔やみを申し上げる次第でございます。

葬儀に関しては一定のマナーや決まりごともあるため、それらを踏まえることも必要です。 そこで、お香典と一緒に手紙を添えるようにしましょう。

4

お気持ちを強くお持ちになり、くれぐれもご自愛ください。 まとめ 親しい人が亡くなったら、直接お葬式に参列したいと思いますよね。 訃報を知ったがどうしても葬儀に参列できない場合の例文 スポンサーリンク 香典を郵送する時の封筒はどんなものがいい? 香典を郵送する時の封筒はどんなものを用意すればいいのでしょうか? お香典を郵送する時、どのような封筒に入れて送ればいいのかよくわからないという人もいるのではないでしょうか? お香典というと、多くの人が現金を送るかと思います。

6

宛名には、敬称である 「様」も忘れずに書きます。 手紙を添える場合は、便箋か一筆箋を使用するのがおすすめです。 後になって亡くなったことを知った場合 お父様のご逝去を知り、とても驚いております。

13