シェーン モズリー。 【ボクシング】ライト級徹底解説!過去最強ライト級ボクサーは?

シェーンの物語を伝えるには最初から始めなければいけない。 戦績 [ ]• アマチュア記録は230勝12敗で、1992年のオリンピック代表候補だったが、未来のライバルとなるバーノン・フォレストに敗れた。 デラホーヤはコツンとジャブを当てて右ストレートを返す。

16

ドラゴンフィッシュブローのモデルは? シェーンモズリーのパンチ まずはこちらを見ていただきたい。 はじめの一歩には実在する技が多くドラゴンフィッシュブローもあるのでは? という疑問が生まれます。

12

2世ボクサーのシェーン・モズリーJr(米)がプロデビュー。 IBF世界ライト級チャンピオンのフィリップ・ホリデイに挑戦し、持ち味のスピードを生かしたボクシングで12ラウンド大差の判定勝ちを飾り、初の世界タイトルを奪取しました。

5

なおかつ、負ける。 モズリーはサイドに回ってジャブをコツコツついてくる。 後に歌手としてを獲得。

12

モズリーは前に来られるとクリンチして打ち合わない。 デラホーヤは右アッパーと左フックを返して採点が難しい。 世界中のボクシングファンが期待するメガマッチに挑んだシェーン・モズリーですが、マニー・パッキャオの強打と俊敏な動きに翻弄され、なす術なく大差の12ラウンド判定負け。

17

アマチュア時代に勝っていたオスカー・デラホーヤは五輪で金メダルを獲得し、プロでは4つの世界タイトルを獲得、100万ドルファイターとなっていた。

1972年生まれのモズリーはもう今年で45歳になる。 「限界説」を払拭する見事な勝利でした。

1

14