怖い 恐い。 『事故物件 恐い間取り』の背後にある、不気味な実話の数々 恐怖は私たちのすぐそばに

次々に起こる不気味な現象の数々は、娘たちにも危害を及ぼし始める。

4

この「つよい」という言葉が、次第に「近づきがたい」という感情を表すようになっていきました。 「恐い」を「こわい」と読むのは、表外読み(表外音訓)と呼ばれます。

6

正一: そうなんだ、俺は本当はねぇ、情けねぇ人間なんだ。 真相はわからないが、私は大島てるのサイトにそのアパートが登録されていたらどうしようと、ずっと不安でいた。 怖いの類語 怖いの類語・類義語としては、恐怖で不安な状態を意味する「恐ろしい」、恐ろしいと同じ意味を持つ「おっかない」、いかめしい状態を意味する「物物しい」、トゲがある状態を意味する「刺刺しい」、おそろしい心境を意味する「ゾッとする」などがあります。

15

まとめ 「こわい」という感情を表現するのに「怖い」「恐い」という表記があります。

3

しかし、実際に行ってみたのだ。 また、占いなどで自分に不利益な結果になることを避ける気持ち。

4

しかし、「恐」という漢字には古くから使われていることををおさえておきましょう。

17

それに近づくと危害を加えられそうで不安である。 「恐」の常用漢字表にある読み方つまり表内読み(表内音訓)は「キョウ」「おそれる」です。 険悪な雰囲気の中、やってきた嵐のせいで二人は島に閉じ込められてしまう……。

15