島倉 千代子。 島倉千代子

同年6月、「」の取材を受けた(これが生涯最後のテレビ取材となった)。 島倉は出場辞退をこの年発売の『人生いろいろ』の作曲者で当時療養中のに報告したところ、「紅白で『人生いろいろ』が聞けないのか」と返されたことを明かしている。

「この世の花」と同時に、初レコーディング作「お花見どんたく」(共演:神楽坂はん子、青木光一、中島孝)も発売されているが、名前に誤植があったこともあり、「この世の花」がデビュー曲とされている。

総額16億円と言われる負債を抱えた島倉の後見人に細木の内縁の夫がなったのである。

20

(日本コロムビア)• B 追憶 関俊彦 8月1日 AK-20 A おじいさん おばあさん ありがとう 内与詩守 土肥寛展 夏目? B しゃっきり音頭 菊池俊輔 AK-23 A 霧の音 保富康午 船村徹 B 夕焼けの歌 島倉の母を歌った曲。

6

井戸から水を運ぶ途中に転倒、水の入ったビンを割り、左手首からひじまでを負傷。

B 風の宿 TBS愛の劇場「妻は告白する」挿入歌。

14

前半トリとは1990年以降の紅白において、前半戦(ニュース中断まで)で両軍の締めくくりを務めたことを指す。

8

1993年に乳がんの手術を受けた後、復帰を果たしたが、2010年に肝臓がんを発症。 59年間の歌手生活において、ステージで一度もはしなかった。

2