マザー テレサ 人身 売買。 マザー・テレサ、人身売買がバレる!孤児院で女は性奴隷、男は労働力として売り飛ばしてカトリックの資金源に

しかし、黒い繋がりが暴かれ、さらに「人身売買」に関わっていたのではないかという驚くべき報道がインドやアメリカで相次いでいるのです。 これまでは修道女として「シスター・テレサ」と呼ばれていましたが、修道会設立を機に指導者「マザーテレサ」となり立場と責任に変化が表れてきました。 従って必ず何らかの支援の下で活動している。

11

日本でもイエズス会の宣教師たちが多数の日本人の子供たちを人身売買していたということがわかっています。 ベトナム戦争を支持した佐藤栄作や地球温暖化詐欺のアル・ゴア、シリア空爆のオバマが受賞している賞である。

完全な偽善であると思います。

6

マザー・テレサが創設したシェルターは国際的に拡大し、特に東インドのコルカタにある「死を待つ人の家」のような施設は、世界中に知れ渡った。 たしかにバチカンは、何かとマザー・テレサを持ち上げています。 オバマは俳優養成所のようなところで演説やスピーチのテクニックだけを訓練されただけの中身のない単なる変態だっただけです。

というのも、マザーテレサは有り余る寄付金で病院を建てるでもなく、インドの貧困者のために使うのでもなく、裕福で有名なバチカンに送金し続けていたといいます。 女2人が売買した赤ちゃんが生まれた病院についても捜査を行う予定だという。 この事件以外にも過去に赤ん坊が4人人身売買されているという匿名情報もあります。

5

都市伝説的な観点から、現在の世の中を悪の組織が支配しているとしたら、英雄や偉人として扱われている人たちを、悪の視点から見た英雄だと捉える感性が必要かもしれません。 それでも、バチカンは「奇跡だ」と主張し続け、多くの人々を騙しているという。

16

ある夫婦は、子どもの代金としてインドワールに12万ルピー(約17万円)を支払ったのですが、インドワールは、お金を返さずに子どもを連れ戻したことから、夫婦がこの件を警察に通報し証言したとのことです。

2