いちご 保存。 いちごの保存方法から長持ちさせるポイントをご紹介!【常温・冷蔵・冷凍】

保存期間は冷蔵庫でも夏は3日ほどしかもちません。 その時、ヘタは取らずに洗ってください。 イチゴを洗い、ヘタを取り半分ぐらいの大きさに切る• ヘタを下向きにしてラップかキッチンペーパーを上にかける ヘタを下にして保存することで潰れにくくすることができます。

その1 レモン水を使う• キッチリとラップをしてから冷暗所で保存 パックのままで入れて置きますとイチゴ同士が潰しあっている状態ですので、この接触している所から悪くなってきますからまずパックからは出した方が長持ちします。 いちごジャムで、果実が丸ごと入ったものとかありますが、あんな感じに近いです。

12

潰してから冷凍しておいたいちごは、細胞が壊れているので、いちごソースやいちごミルクなどを作る時に便利です。 いちご全体に砂糖を丁寧にまぶす。 ひとつずつ包むのがめんどうなら一段目と二段目の間にペーパーや緩衝剤をしくだけでもダメージを軽減できます。

11

ただし、完全に解凍してしまうとふにゃふにゃにしてしまうので、半解凍くらいの時点で食べてしまうのがおすすめです。

小粒だったり、熟しきっているいちごが安く売っていることがありますが、結局腐らせてしまったということはありませんか? いちごは日持ちがしなくて困るという方には、 冷凍保存がおすすめです。

9

そのため購入したらできるだけ早めに食べる方がいいと言えるでしょう。 基本的に注意するべきは上記した【常温保存する場合】の所で上げたことに注意すれば良いので、おすすめの保存方法も全く同じ。

12

いちごの保存に常温では温度が高すぎてしまうため、半日ほどしか持ちません。

12

保存期間は常温、冷蔵、冷凍の中で一番長いですが、劣化が止まっているわけではないので、やはりなるべく早く食べるのがいいです。 こうして冷凍したイチゴはそのままや半解凍で食べた時、特に何もせず冷凍したイチゴよりも美味しいですし、ジャムやペーストにする時も砂糖の量を少々控えるだけで特に問題にはなりません。 傷みすぎてしまったいちごや、白く変色した部分は戻りませんが、傷んでしまったいちごは、水ではなく 50度のお湯に2分ほどつけるだけで、黒ずんだりシワシワになった部分がピンと張ってきれいになりますので、一度試してみてください! いちごには、 とちおとめや あまおうなどいろんな品種がありますが、どれだけご存知ですか?いちごの種類や品種はこちらをご覧ください。

2