小阪 産 病院。 まるでホテル!新しくなった「小阪産病院」へようこそ

女医さんのいる産婦人科を探してこちらの病院を受診しました。

3

」 pimoryを体験。 病院スタッフがHosPadを病室へ持っていき、患者様に使い方を説明した上でコンテンツを閲覧して頂いている。

13

入院中にHosPadのカメラを使ってご家族やご友人と撮った写真や動画を、ARフォトブックとして提供。 より安全で快適な入院生活を 小阪産病院は、真心のケアと最善の医療によって安心と健康を提供し患者様とそのご家族、さらに地域の方々にも常に満足していただける病院を目指しています。 また、設備がしっかりと整っていて、4Dエコーも3~4回受けることができました。

16

」 「今までは入院案内や検査の案内、その他資料を紙媒体でご提供してきました。 とは言っても、なかなか入る機会がない産院。 色々と貴重なお話ありがとうございます。

18

快適な出産環境をご提供するために、妊娠中の体調を整えストレスの発散を助けるマタニティビクスやマタニティヨーガ・ソフロロジーなど、様々な教室を開催しています。

4

私は、まず検診へ行ってみようかなぁ。 ARフォトブックは、アルバムの一部の写真にスマートフォンをかざすと、その写真が動画として再生できるという機能で、感動の瞬間や記念に残るメッセージなどを、写真の中に動画として残すことができる機能です。 助産師さん達はベテランばかりでどの方も素晴らしかったです。

6

患者のケアに注力し、市外からでも「通いたくなる」小阪産病院。 しかし「さっき触られたせいかな?」と思い、あまり気にすることもなく親戚の家に立ち寄りました。 180名のスタッフは、真心のケアと最善の医療によって安心と健康を提供し患者様とそのご家族、さらに地域の方々にも、「常に満足していただける病院」を目指しています。

2

ARフォトブックは、アルバムの一部の写真にスマートフォンをかざすと、その写真が動画として再生できるという機能で、感動の瞬間や記念に残るメッセージなどを、写真の中に動画として残すことができる機能です。

11