日頃 の ご 愛顧。 「ご愛顧(ごあいこ)」とは?正しい意味と使い方

「拝啓 新緑の候、ご清祥のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 これもひとえに斎藤部長のご指導の賜物と心より御礼申し上げます。

6

また読みも「ごあいこう」となります。 これもひとえに皆様のご愛顧とご支援によるものと深く感謝しております。 毎々格別のご愛顧にあずかり、誠にありがとうございます。

18

頭に「お」をつけた敬語表現になるので、取引先や顧客にも使うことが可能です。 自社にお金の支払いがある相手に対してだけ使える言葉なので、誰にでも使用できるわけではありません。

5

ただし、目上の人であれば誰に使用しても良いというものではありません。

「ご愛顧」の類語表現3選 「ご愛顧」と似た意味を持つ言い換え表現を紹介します。

一方、訓読みの和語である「お引き立て」は、上品な言葉遣いにしたいときや「ご愛顧」の重複使用を避けたいときなどに向いています。