艦 これ ヘレナ。 Helena改

ポッター『ニミッツの太平洋海戦史』実松譲、冨永謙吾共訳、恒文社、1992年。 最後に塗装。 負傷者を従来の救命ボートに留め置いて移動し、コロンバンガラ島へ向けて航行したものの、風と海流に流されて日本軍の勢力圏内まで流された。

16

フーバー艦長は旗艦であるサンフランシスコに状況報告を行い、射撃許可を求めた。

15

立上りは敵の方が先であつたが、夜襲戰に長年鍛えられた我海軍部隊はまたもその腕前を遺憾なく發揮した。 (攻略中の場合は札対策を要検討) 編成 編成は「軽巡1、航巡1、駆逐4」で「C,B,Z6,Z5,Z4,Z」。

18

実装順も踏まえれば、さしずめ「」のアトランタに対して「」とでも言ったところか。 戦史研究家伊達久『重巡戦隊の編成変遷とその航跡の全貌』• 木俣『日本潜水艦戦史』374-375頁。 食事に関しては甲斐甲斐しく三食用意してくれる。

12

第36. 有明とヘレナ出るまで95Sほど周回しましたが、S率は7割切ってました。

10

2133、日本艦隊はスコールを抜けてサボ島西10海里の地点に達する。 146頁• この物件の焼失は、日本軍にとって大きな打撃となった。

(出せるなら浜風を起用してもいいかも?) 他、駆逐艦に秋月砲を装備させて対応していますが、高角砲か?主砲か?については各自の判断に任せます。 2217に両艦はお互いを見失い砲撃を中止、衣笠は青葉とともに戦場を離脱した。 つづいて鉄底海峡に突入してきた金剛型戦艦を阻止することはできず、第三戦隊司令官栗田健男中将が指揮する戦艦金剛と榛名および護衛の第二水雷戦隊はヘンダーソン飛行場を思う存分砲撃した。

19

難易度が乙というのもあるかと思います。

20