日産 ノート 新型。 フルモデルチェンジ版・日産の新型ノートe

ヘッドレストは全席標準装備されています。 今回はどちらかといえば直進性の乏しいスタッドレスタイヤを装着していたが、それでも車線のセンターをピタリとトレースしながら走ってくれる。

9

アクセルオフ時の減速のなめらかさに感動 強めの加速をすると、エンジンも強めに回転するのは、現行ノートe-POWERと同じだ。

20

その結果、大型セダンどころか、ミドル・セダンも含めて、セダン自体の人気がすっかり下火となってしまった。

ハイブリッドや電気自動車など、エンジンがかかっていないときは静かすぎるため、周囲の人に気づいてもらいやすくするための人工的に作ったあの音である。 ECOとはいえ、現行e-POWERのS(スマート)モード並を目指しており、加速力や減速力において、現行ECOのもたつくイメージは一切ない。 新型ノートe-POWERの車両価格は200万円ほどですが、必要なものをオプションであれこれ付けていったら、乗り出し価格は300万円近くなるでしょう。

スマホの画面を見ずに、クルマに備わるランプで充電されているか否かを確認できるこの造りはありがたい。

6

また、新型ノートでも6:4分割可倒式シートが採用されています。

18