それから の 出来事。 夏目漱石 それから

心配するがものはない」 「心配はせんがね。 高木(たかぎ) 長井 得の命の恩人(故人)。

5

夫 ( それ )よりか君の」と云ひかけて、ぴたりと已めた。 玉ねぎは、知らないことだらけで、どう育つのか とても、楽しみです。

15

恰も自己の存在を急に意識して、はつと思つた調子である。

14

兄は郵便局で、弟は銀行で働き、叔父は横浜で運漕業をやっている(第一章)。

8

🌸 花の少ない冬に、殺風景な庭を とても明るく してくれます。

7

録音:• 中国詩が好きで(第九章)、詩の会にも出席する(第五章)。

20