エクセル 関数 vlookup。 指定した条件の中から最大値を抽出する(MAX)

「商品一覧表」と「請求書」のどちらの2列目を選択すればいいのか混同しやすいので注意しましょう。 最後に このVLOOKUP関数の自動入力というシステムは、時間短縮はもちろん、手入力で生じる転記ミスを防ぐという点でも非常に便利な関数です。 FALSE を入力すると、関数は最初の引数で指定された値と一致します。

20

通常は一致するデータを検索する場合が多いので、検索型に入力するのは「FALSE」と覚えておきましょう。

3

めでたく範囲が完成しましたね!この方法を覚えておくと、様々なことに応用できる…かもしれません。

9

VLOOKUP関数とHLOOKUP関数は以下の要素で構成されています。 条件で判断する「IF関数」 「IF関数」を使うと、指定した条件を満たしている場合と満たしていない場合の結果を表示できます。 下の数式ではIF関数にVLOOKUP関数を挿入し、「もし検索値のセルが空欄だった場合は何も入力しない、そうでなければ 商品No. 左端列が並べ替えられていない場合、想定外の値が戻される可能性があります。

15

4番目の引数は「検索の型」です。 引数は4つ指定が必要になります。 LOOKUP関数とVLOOKUP関数、HLOOKUP関数の違いについてお話しします。

11

先ほどの例で入力されているVLOOKUP関数を見てみましょう。

20

範囲の作り方のポイント VLOOKUP関数の検索方法を「TRUE または1 」とする場合の範囲の作り方のポイントは次の2つです。 多くの場合、VLOOKUP関数では 完全に一致する値を検索することが多いため、4つめの引数は 「FALSE」にすると覚えてしまっていいでしょう。

12

「NO」、「延長」欄以外のセルには関数式が入ります。 早速コピペしてみましょう。

13