ゆっくり虐待小説。 [B!] 旧個人的なゆっくり虐待小説評価所

【小ネタ】• 【ギャグ】• 304票• 359票• 肝心な部分は伏せますが、本当にこの終わり方は綺麗で尚且つゆ虐と呼ぶには平穏な結末でした。 さてこちらも飼われているゆっくりの話。 【小ネタ】• 私にとって最大の評価点は 作者が何を物語に込めたかです。

11

344票• 【虐待】• 219票• 293票• 419票• 291票• 207票• 211票• 【観察】• 大まかにいう と捕食種だ。 260票• 「おにいさんがゆっくりを拾ってくるなんて珍しい事もある物ね……」 レミリアが呆れた顔で言う。 【ギャグ】• 餡小説のゆっくりボタンランキングです。

205票• 206票• 【虐待】• 282票• 【いじめ】• 273票• 【制裁】• 243票• 281票• 274票• 206票• 319票• そんな気持ち悪い親子によって周囲が迷惑を被り、結局最後には……という話。 。 241票• 親は子が嘘をつくたびに謝り、子をせいっさいするが結局、子まりさの嘘を止めたことは一度もないのであった。

5

296票• 「まあ用としてはいくつか聞きたいことがあるんだが、まず最初に聞きたいのは何であんなところにめーりんと一緒にいた?ほかのみんなは?」 「むきゅ~ほかのみんなはいないわ じぶんからむれをでていったもの、めーりんもおなじよ」 「じゃお~」 「自分から群れを出ていった?そのめーりんは番か?」 「むきゅ、そうよめーりんはぱちぇのなによりもたいせつなそんざいよ、もしめーりんをいじめようとするなら いのちにかえてもまもるわ!!」 「じゃお!?じゃお~ん!!」 ぱちゅりーはめーりんのために前に出て。 さらにいえばきめぇ丸から見てこの二匹は番のように見えた。 253票• 215票• 272票• 【いじめ】• 706票• 207票• 208票• 276票• 264票• 208票• 274票• 291票• 「きめぇ丸からの報告によると。

10

270票• 「ほう、ぱちゅりーとめーりんの番ねぇ・・」 野生ゆっくりは基本的に一ゆで暮らすゆっくりは少なく、たいていが番や家族と共に暮らし自然に大規模な群れを形成することも多い、だがそんな群れでもめーりん種はどれいゆっくりとしてこき使われるか。 218票• 206票• 335票• 228票• 【制裁】• 240票• 餡小説ランキング300 246票• ではちょっと考えてみましょうか。 261票• 【愛で】• 226票• 256票• だから俺の玩具になればいい…」 「ゆ……」 れいむの言葉が止まる。

7

【いじめ】• 218票• 230票• 203票• 297票• 321票• 加えて「じゃあこの作品はゆっくりが良い思いをする話なのか」というとそれも違います。

9