眩しく て 韓国 ドラマ。 韓国ドラマ「まぶしくて ―私たちの輝く時間―」公式サイト|ポニーキャニオン

「眩しくて」で、法事を営むヘジャの家族=JTBC提供 これまで、ドラマや映画のみならず、新聞やテレビなど韓国のメディアで認知症が取り上げられるのは、日本に比べて圧倒的に少なかった。

4

高度な演技力で視聴者をグイグイ惹きつけます。 気持ちは25歳のまま急におばあさんの姿になってしまったヘジャは、ショックで一時は自殺を考えるほどに落ち込む。

13

今回は日本で既に放送された20話版であらすじを書いていきます。 清潭洞 チョンダムドン に住んでいます• 心配したジュナは事情を知らないながら、それでも諦めるなと励ます。

その人物と出会って以降へジャの人生に変化が現れ… 与えられた人生を思う存分味わえなかった女性。 どうやら、それを言っちゃうとネタバレになるようですね。 25歳になったヘジャはアナウンサーを目指すも厳しい現実を前に挫折気味。

18

ただ、過去に戻るだけでなく、70歳のおばあちゃんになってしまった、というのが「眩しくて」の他とは違うところでしょうか。 そんなある日、ヘジャの父親が交通事故で亡くなってしまう出来事が起こるのです。 幼い頃、時間を巻き戻すことができる不思議な腕時計を拾い、時々使っていたが、時間を戻すとその分時間を多く使ったため人より年を取ってしまうことに気づいた時から、腕時計を使わないようにしていた。

チャングムの誓い• ネタバレを知ったうえで見て、どう感じるかというのも改めて書いてみたいです。 そんなある日、ヘジャは放送部の集いで記者志望のジュナと出会う。 本当に豪華な顔ぶれでした! 冒頭あらすじ アナウンサー志望25才のヘジャは、そろそろこの夢がかなわないことに気づいていたが、引導を渡したのは先輩を通じて知り合った記者志望のジュナだった。

13

実際にドラマを見る人向けのあらすじ紹介サイト。 華麗なる2人• そのことでイジメにあっても、デサンの母親は手を差し伸べるような優しい人ではなかったんです。