Jra 不正 受給。 JRAの不正受給問題の処分が発表。なぜ、手厳しい報道やコメントが、出てくるのか。その理由について。(多田文明)

このような違いがあるなかで、すべての事例を「不適切受給」の言葉で一括りにしてよいものかも、個別の事例がわからない状況では、これもまた判断がつきません。

8

(デイリー) (日刊スポーツ) 記事だけでなく、処分を伝える報道に寄せられるコメントにも手厳しいものが多く見受けられます。

1

ただ、最終的に厩舎関係者への処分としては、氏名の公表や解雇などではなく、基本給のカットや医療従事者への寄付という案が出ているみたいですよ」(同) やはり、処分とはいえ仕事の継続を前提とした形になることは避けられない。 本来なら彼らに流れる数億円が日本人騎手に渡っている訳です」(別の関係者) 騎手によって影響の大小については差があるとしても、東西間の移動禁止は騎乗が出来なくなることではなく、あくまで移動に限定される内容。 最後までお読み頂きありがとうございました。

信頼回復の歩みは、競馬ファンのみならず、社会全体への親切、丁寧な説明であるべきだと思っています。

12

指南役とされる税理士は、成功報酬として、一人に対して10%にあたる10万円程度を得ていたという。

「返還の意思あり」で済まされる話なのだろうか。

5

競馬担当記者が語る。 好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。

20

牧場・育成場の 税務顧問• 「厳重注意」と違うのは経歴に傷がつくところだが、調教師試験を受けるような助手にとっては若干の痛手になっても、個人事業主である調教師や騎手にはほぼノーダメージと言っていい。 — たかひろ takanippon また、大塚亮一氏へのペナルティや処罰の可能性は低いと報じているメディアもあることも、余計に国民の感情を逆なでしいる状態になっています。 矢野英師は男性に税理を任せており、懇意の仲と思われていましたが、今回の件を発端に馬の使い方などで意見がぶつかったようです。

5