そら豆 栽培。 ソラマメ(そら豆)の栽培方法・育て方のコツ

5.そら豆に発生しやすい病気と害虫 そら豆に発生しやすい病気では「えそモザイク病」というものがあります。 ツルボケとは、つるや葉ばかりが成長し、実がつきにくくなることを言います。

2

芽が伸びてきました。 ソラマメの芽が病気などにかからないように、シュロホウキなどをお使いになると便利です。

ソラマメ栽培「2月」 2月に一度だけ追肥を行います。

12

そして冬の低温に合うと花芽をつける性質があるため、 秋まき春穫り栽培が基本。 悪かったかどうかはこれからの栽培次第なんですが… ある日家族が買い物に出かけて、帰ってきたら「買ってきちゃった」と、ソラマメの苗が庭に。

種まき後、5~7日で発芽してくるので、そのまま育て、本葉が4~5枚になったら、ポットから外し定植します。

7

ポチっ とクリックをおねがいします。 その頃になると今まで固かったさやがスポンジのように柔らかくなるとともに、さやの光沢が増し背筋が黒褐色になります。 どちらかというと涼しい気候をこのみますので耐暑性は高くありません。

12

おおまかな目安として発芽適温は20度、生育適温は16~20度前後で20度を超すと成長が鈍化し、10度以下、30度以上では発芽しにくくなります。 家に帰ってきて調査してみたところ、確かに。

株間をしっかりと取ることが収穫量を増やすポイントです。 ソラマメの収穫適期 ソラマメの収穫のタイミングは開花後から約35~40日が収穫適期です。

1

汚れた手袋でマルチに付いた土を拭き取りますと、下の写真のように汚れてしまいます。 ちなみに最も多い相談とは、種をまいたのに一向に発芽しないというものですが、これはカラスなどの鳥類が食べている場合がほとんどです。 ・「病気の予防」雨で土がはね返り植物の傷口に触れ病気感染を防ぎます。