鹿児島 大学。 鹿児島大学 偏差値 学費 学部学科 情報 2020

初等教育、中等教育、特別支援教育の教職実践力、教科の専門的な力量、児童生徒の理解力や生活指導力を高め、いじめ、不登校、中途退学などの問題にも対応できる学校教育の専門家を育成する。 このほか、農学部と水産学部に国際食料資源学特別コースを設置。 同時に、専門科目を学ぶ素地をつくる基礎教育科目や医学・医療についての関心を高めるための体験実習も設定されている。

9

各種マニュアル• 物性理論、個体物理、宇宙情報の3講座編成 生命化学科 50 物質や生物の構造・性質・機能を分子・個体レベルで理解 地球環境科学科 50 地球、環境の2コース。 フィールド教育、実践教育を行うカリキュラムとなっている。 このプログラムでは数理科学および情報科学の教育研究を担い社会に貢献する人材を育成する。

19

それぞれ、半導体・超伝導体などの電子素材の物性とデバイス開発、電気エネルギーの生成・変換・制御などの諸技術、通信・計算機・計測・LSI、およびそのシステム技術に関する教育研究を行う。

5

保健学科では、豊かな人間性、優れた医療技術能力、国際的感覚、教育的指導能力、独創的研究能力などを備えた人材の育成を理念に掲げ、カリキュラムを組む。 国際食料資源学特別コース(農学部と水産学部に設置)では、東南アジア・南太平洋・アフリカを中心とした国際社会を対象として、食料資源の持続的生産とその合理的利用の分野の専門知識を修得し豊かな世界観と倫理観を備え、グローバル化する産業社会に参画し、国際社会に貢献できる進取の精神を持った人材を育成する。

建築学科の建築プログラムでは、人類の建築文化の遺産を継承し、地球環境の保全に配慮しながら現代の科学技術を総合的に利用して、建築空間と生活環境の創造に貢献できる人材を育成する。 原子・分子の相互関係の理解、有用な天然物質の探索と合成、生命現象を担うタンパク質の構造と機能の理解と応用、環境中における有害物質の挙動解明などの研究を行う。 食料生命科学科では、食品の安全確保と機能活用により、健全で豊かな食生活を実現し、食品関連産業や鹿児島の発酵食品産業の発展に貢献することを目指す。

15

極微の素粒子から極大の宇宙までを対象とする。 農業生産科学科では、農業を生産から流通まで一貫して学ぶ。 現在は、9学部と11の大学院があります。

こうした法則を解明するための実験・観測で必要とされる技術、思考方法を身につける。 急激に進む国際化に対応できるよう学べる法学部は鹿児島大学の強み。 また、リハビリテーション医学や心身医療学、離島医療学などの授業科目に専任の教員を配置している。

4

【教授】井上博雅 略歴 1985年 3月 宮崎医科大学医学部卒業 1985年 6月 九州大学医学部附属病院 医員(研修医) 1992年 7月 カリフォルニア大学サンフランシスコ校 研究員 1994年 7月 九州大学医学部附属病院 呼吸器科 助手 2002年 4月 九州大学医学部附属病院 呼吸器科 講師 2007年 4月 九州大学大学院医学研究院 呼吸器内科学 准教授 2010年 6月 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 呼吸器内科学 教授 所属学会 日本内科学会、日本呼吸器学会(代議員)、日本アレルギー学会(代議員)、 日本呼吸器内視鏡学会(評議員)、日本結核病学会(評議員)、 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会(評議員)、日本肺癌学会、日本免疫学会 研究テーマ• 看護師、保健師を養成する看護学専攻、理学療法士を養成する理学療法学専攻、作業療法士を養成する作業療法学専攻の3専攻を設置している。 南九州の環境と地域の特性を生かし、フィールドなどでの実践教育を重視している。

3

3年次から、食品機能科学コース、食環境制御科学コース、焼酎発酵・微生物科学コースに分かれて学ぶ。 びまん性肺疾患の病態解明• 初等教育コース(音楽・保育体育)に入学した学生は、入学当初から教科は音楽と保健体育に確定することとなり、2年次にそれぞれの教科に分かれ、4年次にはこの教科にかかわる卒業研究に取り組む。 教育システムは、1年次修了時に5つの教育分野(水圏科学、水産資源科学、食品生命科学、水産経済学、水圏環境保全学)に分かれる。