タイピング検定 問題。 タイピング検定 問題

相当練習しても日本語より難しいです。

それ未満だと特に称号はありませんが、記録にかかわらず「技能認定証明書」がもらえます。 履歴書に書いても就職や転職に有利になることは少ないでしょう。 日本語は10分間で900文字のうち800文字以上でA判定なので、他の資格で例えるとで1級よりも上の初段を、さらにミスペナルティを厳しくしたくらいの難易度です。

4

ビジネスキーボードの日本語でSが取れるぐらいなら余裕でしょう。 (ただし、高校生以下限定) 平成16年の第4回大会から、文部科学省「学びんピック」認定大会になったため、順位を競うだけでなく段級位認定もできるので、資格として履歴書に書くことが可能です。 なお、練習用にキータッチ2000のトレーニングCD-ROMも販売しています。

3

前の行に戻って修正はできますが、最終的に 1ヶ所でもミスするとその行の得点が0になるので、正確性重視で実践的。

17

他の資格よりも高いのは変わりませんが、だいぶお手軽になりましたね。 ミスペナルティは全ての級で 1ミス1文字減です。

1

科目の難易度は 「日本語<英語<<数値」という順番で、数値が特に難しくなってます。 特段 2 ,000文字 以上 初段 1,500文字 以上 1級 1 ,000文字 以上 準1級 800文字 以上 2級 600文字 以上 準2級 450文字 以上 3級 35 0文字 以上 4級 25 0文字 以上 5級 10 0文字 以上 6級 5 0文字 以上 採点方法 1ミスにつき1文字減とする(各段・各級とも同じ) 純字数=総字数-ミス数 文例にて採点の規則を紹介したPDFファイルをご用意しています。

11