マイナ ポータル api。 統合人事システム「COMPANY」、11月から義務化のマイナポータルAPIを利用した健康保険組合向け電子申請に即日対応開始|株式会社Works Human Intelligenceのプレスリリース

中でも、ぴったりサービスは子育てや介護保険に関する手続きをはじめ、さまざまな申請・届出をオンライン上で行えます。

市区町村でも、いよいよ行政手続きのオンライン化への取り組みが本格的に動き出しそうですね。

10

想定されるユースケース マイナポータルAPIにて提供している「お知らせ・民送情報取得API」を利用して年末調整や確定申告の手続きに必要な証明書等を取得する場合、これまでは「お知らせ・民送情報取得API」のみの提供であったため、国民が予めマイナポータルの属性連携設定を実施済であることを前提としておりました。 そのため、今後は電子申請を始める一般企業が増えていくと予想されます。

14

マイナポータルと外部のウェブサイトのアカウントをつなぐ操作を初回のみ行うことで、初回の設定後は、外部のウェブサイトのIDやパスワードを入力することなく、シングルサインオンにてマイナポータルから外部のウェブサイトへシームレスにログインが可能となります。 これまでの「お知らせ・民送情報取得API」は、国民が、予め属性連携を完了させておく前提での利用を想定しておりました。 このことでユーザーは、追加費用なくマイナポータル経由での電子申請が可能となります。

なお、お知らせ情報は、マイナポータルの利用者登録後に利用できるサービスのため、特に利用が想定される例として挙げていますが、マイナポータルのその他のサービス(機能)を利用する際にも、利用者登録等APIをご利用いただくことで、円滑にサービス利用につなげることができます。 「届書作成プログラム」で手続きの作成の他、申請やその後の申請管理までも可能になった• 背景 政府がオンラインサービスの共通基盤として運営するマイナポータルは、各種行政手続がワンストップで行える他、行政機関からのお知らせを確認できるサービスです。

) この度、マイナポータルを窓口としたシステムが使用可能となったため、健保組合も電子申請が可能となった(正確には義務化されていたが対応が間に合っていなかったということになりますが)ので、利用してください、ということです。 今後、将来の製品改良などにより内容が予告無しに変更される場合がありますのであらかじめご了承ください。

19

「GビズID」についての詳細はこちらの記事をご確認ください。 健康保険・厚生年金保険 被保険者資格取得届/厚生年金保険70歳以上被用者該当届• ご利用の人事・給与システムにより仕様や操作方法が異なりますので、詳細は、ご利用の人事・給与システム事業者にお問い合わせの上、確認が必要となります。 マイナポータル申請とは これまでは、協会けんぽ、厚生年金、雇用保険、労働保険年度更新申告などの手続きにおいて、インターネット経由で申請する場合、総務省の「e-Gov電子申請」しか選択肢はありませんでした。

9

そのため、国民がマイナポータルの属性連携設定を実施していない場合は、マイナポータルで属性連携設定を実施してから、再度外部Webサービスを利用する操作としていました。 従って、義務化対象の企業は、まずは現在ご利用の人事給与システムが11月からのマイナポータル申請APIに対応するかどうかを早めに確認する必要があります。 これにより、人やモノ、プロセスの情報・状態をバリューチェーン全体で共有し、新たな価値を生み出す「NEC Value Chain Innovation」 注6 をお客さまと共に実現していきます。

6

笹野 一例として、内閣府の子ども・子育て本部児童手当管理室と連携した、〈児童手当の現況届〉のオンライン化の推進を挙げます。 なお、金融商品手続きにおける「マイナポータルAPI」の連携は、金融業界初 注2 となります。