復讐 を 希う 最強 勇者 は 闇 の 力 で 殲滅 無双 す。 ラウル・エヴァンス (らうるえゔぁんす)とは【ピクシブ百科事典】

誰もが見惚れる美貌の持ち主であるが、その本性は底なしの性悪女で、自らの美しさと王女という地位の高さを鼻にかけ、平気な顔で他人を蹴落とす様な冷酷無慈悲な性格である。 ラウルが魔王を倒した後、ラウルの心の拠り所を全て奪った上で彼を我が物にしようと企むヴィクトリアに命を狙われる事となる。

6

炎を出す• なお、今後の展開をどこで楽しめば良いかについても明言されていましたよ。

4

元々は異世界の住人であったが、愛の女神の手により勇者となって世界を救う為に転生する。

地獄のような苦しみの中で、憎き者たちを全員容赦なく殺してやる……!!!!闇の力を手に入れ蘇生を果たしたラウルは、復讐を誓い、嗤う。

2

串刺しにして殺す。 串刺しにして殺す。

18

自らの中に眠っている闇の力の存在に気付いており、それを解放させる事も同時に求める。 また裏切者には一切容赦せず、自身を告発しようとした専属会計士のチャールズ・テイラーを残酷な方法で殺害した。 ラウルが魔王を討伐して以降、アリンガムの金の動きに違和感を覚えるようになる。

15

ラウルの事を密かに愛している。 ヴィクトリアがサンドラに命じて自らの側近である大臣達を殺させたという(虚偽の)報告を受けると、容赦なくヴィクトリアを廃棄する冷徹ぶりを見せる。 死後、愛の女神の元を訪れた彼は、自らを陥れ、大切な者達を奪っていった人間達への復讐を誓い、女神に自らを生き返らせる事を要求する。

12

突如続きが読めなくなってしまったと聞いて焦った方も多いことと思いますが、今回の措置は作家の意向を忠実に表現しながら執筆を継続するための発展的な決断だったということが分かり、ひとまず安心しました。

18