一 所 懸命 一生 懸命。 一生 懸命 と 一 所 懸命 の 違い

〇一所懸命 1 1か所の所領を、命にかけて生活の頼みとすること。 まだ子どもの頃、畑でお母さんの草取りを手伝っていた 時のお話でした。

浄瑠璃・舎利-四「一しょけんめいの難をまぬがれ」 〇一生懸命 (「いっしょけんめい(一所懸命)の変化) 1 (形動)命がけで事にあたること。 中世で使われていた一所懸命が、近年になって一生懸命へと転じて2つの言葉へと分かれました。

3

」と、さとされたという 内容でした。 但到了近代,已經沒有領地或是城堡的概念,於是「一所懸命」之意逐漸被淡忘。

いまではどうですか? 「いっしょけんめい」と言わずに「いっしょうけんめい」と言う方が多くなっていませんか。

1

私が一緒に生きて生きたい人と一緒に何時までも、同じ所(家族という絆)でいれればいいな・・・って・・。

19

一意専心 どの言葉も、何事にもまじめに、熱心に取り組むことを意味する言葉です。 「一生懸命」をもっと詳しく 「一生懸命」という言葉は「一所懸命」が転じたものです。

15

文字通り、「1つの所に命を懸ける」ということです。 千本、万本の雑草も、手もとの一本の草を抜くことの積み重ねと 念じ、ただ黙々と努力を傾けてゆかねばならないということです。

20

そして、この言葉の語源は、日本の中世の武士階級が、主君から賜った先祖伝来の土地を、命懸けで守るということからきています。

3

鎌倉時代、武士は守護や地頭として所領を安堵 主君が家臣に領地を与えること された場合、領地経営や治安維持に全力を傾けました、その場所 一所 に懸命になったわけです。 「一生懸命」の由来 「一生懸命」という言葉は、元々「一所懸命」の誤用だったのですが、命懸けで物事に当たることを表現するには、「一所」よりも「一生」の方がニュアンスが伝わりやすかったため、「一生懸命」の方を使うのが一般的になりました。

20