非 効果 的 健康 管理 看護 計画。 慢性心不全・うっ血性心不全患者の看護計画

・微生物学的検査 痰培養 痰細菌培養検査は起因菌を明らかにする為に行う。

15

そのため、学習意欲や自己管理意欲が低下する。 定期的な受診行動は病識があることを示すものであり、効果的な再発防止となる。

10

そのことを患者自身が理解することが、日常生活の見直しと治療の基本となる。 病態はもちろん、患者の思いや希望、心情をしっかり乗せた看護展開にしていきましょう。

これらは下肢の筋力低下予防の効果があり、リハビリテーションとしても有用である。

3

症状の増悪は生活習慣に起因することが多く、患者を取り巻く環境が大きく影響している。

6

・ 粘り強い態度でゆっくりと進める。 努責による血圧上昇があり、高血圧症の患者では、排便コントロールが必要になる。

17

看護目標には、「誰でも評価することができる」ことをイメージして、書き上げるとGOOD。 EP(教育)の書き方 EPの書き方のポイントは、• 不安や緊張の緩和をはかり、可能であるかぎり、十分な休養がとれているか観察する。

8