マトリックス 考察。 「マトリックス」20周年、一部の科学者は我々がシミュレーションを生きていると考えている

更なる圧倒的な機械軍団の前に人類は追い詰められていく。 こうしたことから、アカデミー賞では、編集賞、視覚効果賞、音響賞、音響編集賞を受賞して、批評家からも絶賛される結果となったのです。 と入ってもやたら分かりにくいので、いちおう解説。

6

そして、残ったのはトリニティ、タンク、そしてネオだけだった。

3

「 それは我々が受け入れる生き方のレベルによる。 キーメイカーら、システムから漂流するプログラム達• やがて経済成長もバブルで終わり、そこで社会の共通目標も一旦終わったように思えるんですね。 オラクルを理解すると現実世界で予知能力が、ソースを理解すると現実世界でソースへの触れ方がといった具合に。

10

私も昔、それがどんなフィーリングなのか知っていた。

それでも、論理プログラムも人間も気付かない「可能性」を提示することによって、選択の幅を拡げてくれる、という存在。

12

ちょっと端折りますが、救世主はなんやかんやで最終的に創造主であるアーキテクトのもとに辿り着きます。 機械は事態の推移に疑問を感じながらも、圧倒的な武力で人類を追い詰めた。

2