虎 の 威 を 借る 狐 意味。 故事成語「虎の威を借る狐」の意味と使い方:例文付き

【ことわざ】 虎の威を借る狐 【読み方】 とらのいをかるきつね 【意味】 権威や権勢、実力を持つ者に頼って、威張る小者の事。

振り切って、実力で勝負してほしいですね。 私はそんな風にも思います。 虎の威を借る狐の意味を漢字の分析で! 漢字の分析をしてみました。

こうした人物と接しなくてはならないときは、ぜひ「虎の威を借る狐」を思い出してください。 だとすれば、王の力によって大臣が失脚することをたくらむこの家臣自身が、実は「虎の威を借る狐」だった、ともいえるでしょう。

今年もきれいに咲きました(2021年です) スポンサーリンク• 獣たちはみなこれを見て逃げ出しました。

信用できないというなら,試しに私の後をついてくるがいい」 と、言ったそうな。

たとえば、アニメ『ドラえもん』に登場するスネ夫は、まさに「虎の威を借る狐」です。

「虎の尾を踏む」の意味は「きわめて危険なことをすること」です。 すると、ある家臣が次のように答えました。 『戦国策・楚策』にある、下記の話に基づく。

18

「人の褌で相撲を取る」の意味は「他人のものを利用して自分の利益をはかる」です。

5