エ イラク ドラマ。 清朝2大中国ドラマ【瓔珞・如懿伝】共通登場人物13名比較!違いを詳しく解説

ほぼ同時なのですが如懿伝の方が先に撮影が開始されていましたが、公開は瓔珞の方が先でした。 乾隆帝役のニエ・ユエンさんは、神経質な面や繊細な感情を強く感じる演技で印象的です。 最初はとても寵愛されるが後半は冷遇される。

3

42話以降で登場。

13

中国時代劇が好きでかなり見ていますが、今まで見てきたドラマで演じられた皇后は、美しいことは勿論なのですがあまりに強権的で支配的に演じられる方が多かった気がします。

このドラマをきっかけに彼女のことを知りましたが、演技がうまくて前皇后が亡くなって悲しみに暮れる姿にはグッとくるものがありました。 傅恒役のシュー・カイさんは、最終回の印象が強すぎて上手く言葉にできないですね。 如懿最大の悪人。

10

永琪生母。 物語は日本の大奥にも共通した点がありますが、男性相手に闘うというより、女性どおしの恩義や知力の勝負、友情を描く所に力点が置かれていると感じました。

12

安達ゆみに見えてしょうがない汀羅。 邦題が「瓔珞〈エイラク〉~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」と「如懿伝〜紫禁城に散る宿命の王妃〜」て、こっからして混乱発生していませんか?💦 ということで本日はどっちの作品で誰が誰なの?歴史上のモデルになった人物は?をわかりやすく整理していきたいと思います。 その直後に死亡。

皇帝の寵愛を受けるが子どもがいないのは同じ。 皇帝や妃嬪たちの衣装も、蘇州のつづれ織りをはじめ伝統工芸の刺繍や手織りの技を使って一つ一つ職人が手作業で制作した。

賢く狡猾であるのは同じだが瓔珞は正義、如懿では腹黒く描かれている。

19

(30代・女) 注目しているキャストは主人公エイラクを演じたウージンイェンです。 瓔珞でも最初はまともな感じで娴妃を助けているが瓔珞と対立していき黒化する。 いじめられいつも馬鹿にされるので成り上がっていこうと決意する。

1