オフショア ジギング リール。 オフショアジギング&キャスティング/おすすめコスパ【リール】8選!

ジギングの場合、重いメタルジグを操作するわけだから、硬いロッドでガンガン操作したほうがやりやすそうに思えるが、硬すぎるとメタルジグが暴れすぎて魚に食わせるタイミングを与えなかったり、余計に疲れてしまうことがある。 細いポリエチレンを編み込んだラインのため、摩擦で劣化し強度が低下してしまう。 ジギングの場合、重いメタルジグを操作するわけだから、硬いロッドでガンガン操作したほうがやりやすそうに思えるが、硬すぎるとメタルジグが暴れすぎて魚に食わせるタイミングを与えなかったり、余計に疲れてしまうことがある。

ドラグも長時間引き出されても性能が低下しない独自の構造が採用されており、ドラグを出すパワフルな魚とのファイトも安心。

20

【PEラインとは】 細いポリエチレン繊維を複数合わせて編みこんだ「マルチフィラメント」。 これをより分かりやすくするためにPEラインには色分けされているものがある。

20

シーバスは勿論、青物のショアジギングやオフショアでのジギングも得意分野で、夢は鳥羽沖での15kgオーバーの鰤です。

14

前者はテンポよく探るハイスピードジャークや、大きくあおるロングジャークに向いている。 近年では鉛よりも比重が高いタングステン素材も増えてきたが、高価なため手が届かないアングラーも多い。

7

左右対象 ジグの表裏が同じ形状をしておりバランス良く水を受け、安定した泳ぎとフォールをしてくれる最も基本的なタイプのメタルジグ。 魚の活性に合わせた速度が必要となるので、一日の中でも速度を変えながら狙うのが普通だ。 中でも1500 1501 という品番のオシアジガーは、近海から中深海まで様々な場面で使える番手でヘビーローテーション必須なので、最初の一台目に購入するスロージギング用のリールとして自信を持っておすすめします。

16