望月 衣 塑 子。 【不停發問的女記者(上)】窮追不捨的她 讓日本官房記者會修改採訪規定

北朝鮮には、そもそも報道の自由が一切ない。 早めだけれど、更年期障害性ヒステリーとの噂も。 東京学芸大学附属高等学校卒業、 慶應義塾大学法学部卒業後、中日新聞社に入社しています。

15

2020年7月23日閲覧。

もはや単なる北朝鮮擁護の活動家である。 > ------素晴らしいラスト質問をしたのは、 政治ジャーナリスト・安積 明子(あづみ あきこ)• 喝采を浴びる一方で激しい批判にもさらされてきたその望月記者に密着した『i -新聞記者ドキュメント-』が11月15日から全国で順次公開される。 望月氏の質問パターンについてこのような指摘があげられている。

3

この望月氏は、北朝鮮の核や弾道ミサイルや中国の大軍拡を脅威として全く捉えていない。 生年月日:1975年?月?日• 官房長官記者会見での取材 [ ] 通常の官房長官記者会見では記者の質問は1人が2~3問で10分程度だが、2017年6月8日で望月は加計学園問題と伊藤詩織の訴えに関して、40分の時間をかけて23回の質問を繰り返したことで注目を浴びるようになる。

3

動画を見ればわかりますが、滑舌が悪くガラガラ声で怒鳴り散らす下品な喋り方をするおばさんです。 大学卒業後は新聞社で記者として働き始め、中日新聞社に入社したあと、東京本社へ配属。 」 と反論しました。

よほど育ちがわるいのか、常識とか礼儀はまるでわきまえていません。

2