屋号 決め方。 個人事業の屋号の決め方・ネーミング

覚えやすい• まず、ありきたりな屋号にしてしまうと、同じようなネーミングのホームページがたくさんヒットして自身のサイトが埋もれてしまいます。 〇〇園• また「銀行」や「労働金庫」などの文字を用いることも禁じられています。

8

検索エンジンで表示されやすい屋号にする これからの時代は、ネット検索で上位表示されることが極めて重要です。

14

業界シェアNo. 正確ではありませんが、大多数の日本人の感覚からすれば「ピザ」という語感の方が自然で、読み書きしやすいですね。 しかし、個人はつけなくても構わないのですが、法人では商号が必要となりますので、将来法人化を考えているようであれば最初からつけていた方がいいですし、屋号があるということで信頼を得られることもありますので、つけておきましょう。 〇〇クリーニング• 逆に、短い名前でも聞きなれない言葉は、やはり覚えにくいものです。

19

Web制作会社やアプリ開発、看板・装飾系の事業がイメージされます。 (例)• 」 そんなことでもない限りは法人成りなどをして 個人事業主を廃業するまでは屋号はそのままという人が大半です。 屋号の変更方法 屋号はいつでも変更ができます。

18

店名、屋号で独自ドメインが取れるか調べる 次にやることは独自ドメインが取れるかを調べることです。

17

このように外国語でも、カタカナなどに直してある短い名称なら、覚えてもらいやすいのです。

19

書類を書くときに面倒です。

1