大滝 秀治。 うちのホンカン

1925年生まれ、東京都出身。

12

心よりご冥福をお祈り申し上げます。 第1602話「ことわれなくて」(1987年)• (1995年、NTV) - 森岡四郎• (1992年、NTV)• (1963年、日活) - 間島弁護士• 2005年《巨匠》,《浅草物語》で読売演劇大賞と最優秀男優賞,《らくだ》で文化庁芸術大賞を受賞,名優とよばれる存在となる。 こどもの時間()• 鉄路の巨人 2002年、NHK-BShi• (2003年、東宝) -• 七人の刑事 終着駅の女(1965年、日活) - 山越刑事• 準レギュラー出演。

2

(1967年、日活) - 林泰三• 「37歳の大滝さんが出演しているんですよ。

の,奈良岡朋子と劇団民芸の共同代表。 大滝さんにとって遺作となったのは、の主演最新作「」。 誘拐を素材にした1963年の黒澤明監督の作品だ。

16

和子(寿し六主人の妹):(第6作)• とても短いセリフだが、その時の大滝の感慨深い表情は、ドラマの余韻を増幅させる。

19

今回の訃報を受け、高倉は「大滝さんが今年に入り体調を崩され、入院なさっている間、お手紙の遣り取りを続けておりました。 大滝秀治 おおたきひでじ• さち(八千草薫)や雪子(仁科明子)も騒動に乗じてしまう。 第4作目「 冬のホンカン うちのホンカン-PART IV-」(1977年3月13日放送)• 森井老人(元漁師の老人):(第6作) 主なスタッフ [ ]• 出典 株式会社平凡社 百科事典マイペディアについて 「大滝秀治」の解説 大滝秀治 日本の俳優。

7

本当に素晴らしい先輩でした。

14