扁桃 腺 炎 膿。 急性扁桃腺炎 化膿性扁桃腺炎 偽膜性扁桃炎

しかし、体中の機能もそれぞれ発達を遂げてくる為に、 扁桃腺は年齢と共に縮小していきます。 後から調べると、このように膿がたまる症状は扁桃炎が更に悪化した「扁桃周囲膿瘍」というそうで、場合によっては入院のケースもあるそうで、とても驚きました。

主な扁桃腺による病気• 赤く強く口蓋扁桃と周りの粘膜が腫脹して、口の中に口蓋扁桃が張り出します。 嚥下障害 痛みで食べ物や飲み物が飲み込めなくなる 内耳感染 感染範囲が内耳まで広がると、耳の奥に痛みを感じるようになる 開口障害 痛みで口を開けにくくなる 高熱や全身倦怠感 関節痛、筋肉痛 脱水症状 水を飲み込めないことから起こる 扁桃周囲膿瘍は、扁桃の左右どちらかだけで発生することが多く、膿瘍が大きくなってくると唾液すら飲み込むのが難しくなり、 呼吸困難や脱水症状など生命維持機能にも危険性が出てきますので、悪化する前の対処が重要です。

詳しくは、『』をご参考にしてください。

3

ひどくなってからだと、場合によっては入院になることもあるかもしれません。 膿栓(臭い玉)は危険を冒さなくても取れますし、出来ないようにすることも可能です。 扁桃腺が痛いのに熱が無い場合、「 急性扁桃炎の初期症状」か「 慢性扁桃炎」の可能性があります。

8

ここまで知ると、自分で膿栓(臭い玉)取るという考えはなくなったのではないでしょうか。 膿が扁桃周囲膿瘍によってできていると、完治するためには膿を出す必要があります。 また、慢性扁桃炎のように扁桃炎が繰り返すと、合併症の腎炎や関節リウマチなどのリスクが高くなります。

6

扁桃腺炎(へんとうせん)は膿栓(臭い玉)とよく似ていますが、炎症を伴いますので病気という点で異なります。 あぁ、風邪ひいたな、とその時は思ったのですが. 4日後の旅行に行けると良いですね。

16