チョッキ ゴリランダー。 耐久調整とつげきチョッキストリンダー【第八世代】

また、相手が能力ダウンを無効化するクリアボディを持っていて素早さも抜けない場合はこちらが不利になるので、ポケモンを交換するなど臨機応変に対応していきましょう。 はたきおとす:準専用技であり、相手の調整を崩せます。

18

高威力だが反動でそこそこ高めの耐久が削れる。

18

不一致弱点の特殊技で崩されることの予防 性格について ステータスの高い攻撃に補正をかけるため、いじっぱりです。

前日にマッチした方が初手ックスよみで引いてきたりして、簡単に試合運びができた試合も何戦か。 対面やや不利と思いますが、後出しが余裕で成立するレベルではないので、対面時は後攻とんぼ、後出しにははたきおとすでさらに負荷をかけていくようにしましょう。

15

かわらわり 闘 75 100 壁破壊 壁構築を意識するなら。

14

やどりぎは物理受けに対するメタ。 が足りないと言っている人もちやほや。 にも比較的有利。

11

特性考察 しんりょく そこそこの耐久と相性が良く、発動時の草技の火力はグラスフィールド補正を上回る。

4

HPが高めで、チョッキで物理・特殊両方受けられる• 投稿者:はる• 地面技は、地震はグラスフィールド状態のとき威力半減されてしまうので10まんばりきを採用すること。 120と130 状態異常祟り目 …10の差は偉大である。 これらのポケモンはゴリランダーに対して有効な技を持っていない場合が多く、交代先に対してドラムアタックを使うことで、素早さの低下を狙うことができます。

2

先制技などの効果を一時的に放棄する事にはなるが、効果を含めた突破力は目を見張る。 ただし草半減でも耐久の低いポケモンは、持ち物や技構成次第ではゴリ押しで突破されかねないため受け出しは慎重に。

11