憤怒 調節 障害。 憤怒調節障害の原因が究明される

イ・スジョン教授は、憤怒調節障害の人は自らを社会の被害者と考えていて、他人が自分をするという思い込みが悪化すると、自らがその人(たち)を懲らしめてやるという発想で犯罪を起こすと分析している。

20

そして、今は、コントミンという薬を使っています。

7

J Neurol Neurosurg Psychiatry 37 2 : 121-130. その原因は、(自分の人生が)不当だというところで受けるストレスに起因することが明らかになった。 患者は爆発の直前に持続的な躁病のような症状を訴える。 物を壊す。

4

は、韓国だけで通用する精神医学的症候群で、単一病名では存在しない。 大韓民国健康保険審査評価院による医療の分析結果によると、自ら来院して、間欠性爆発性障害で診療を受けた人は毎年増加傾向にある。 いや不満を超え憤怒を表出するという表現がもっと合うかも知れない。

20

GABA作動性気分安定薬およびガバペンチン、リチウム、カルバマゼピン、およびジバルプロエックスなどの抗痙攣薬は、爆発の発生率を制御するのに役立つ。 憤怒調節障害の症状に対する関心が高まっている。

これで良くなりますように >人<; 最後に よくネットの記事で、患者が勝手に病気を調べてそれを押し付けてくるのが困るといった記事をちらほら見てまして、 あぁ、今回はやってしまった感がありますが、 結果、いい主治医のおかげで、嫌な顔一切せず、お話など聞いてもらえました。 理由はいつか書きます。

激しい感情をコントロールすることができません。

4