企業 主導 型 保育 事業。 2020年度 完了報告について( 企業主導型保育事業 )

(例:給食に関する事項、健康管理・安全確保に関する事項等) 保育の実施及び子どもの安全に関する事項 保育所保育指針を踏まえ、保育を実施するとともに、「教育・保育施設等における事故防止及び事故発生時の対応のためのガイドライン」(平成28年3月31日付け内閣府子ども・子育て本部参事官・文部科学省初等中等教育局幼児教育課長・厚生労働省雇用均等・児童家庭局保育課長連名通知)に基づき適切に対応して下さい。 助成決定の時期は? 助成金の支給は、整備費・運営費で時期が異なります。 そのため、専門知識を持った人材を十分確保できない可能性があります。

3

もちろん言われないだけの準備をしているつもりですが、 まだまだ穴だらけなものもあったのにも関わらず指摘されなかったり、 サラッと見ただけで終わる事もありました。 や職員の資格は小規模保育事業と同様ですが、その他の職員数、設備・面積、給食・調理設備などの処遇に関しては 事業内保育事業とほぼ同じです。

2

認可保育所の場合は運営費の30%ルールや弾力運用など、行政指導のもとで会計報告をしていると思いますが、企業主導型保育事業もこれに似た会計処理が必要です。 企業が、自社の従業員の働き方に応じて、多様で柔軟な保育サービスを提供することができます。 運営費用とは、施設運営のためにかかる費用で、 8割程度が保育士などの人件費といわれています。

11

助成金を確実に受けるためには? 保育園の規模によって助成金の申請内容は変わりますが、企業が運営する 企業主導型保育事業は手続き書類に専門的な知識が必須になります。

4

事故が発生した場合には、「特定教育・保育施設等における事故の報告等について」に基づき、都道府県へ報告して下さい。

8

これに代わるものとして創設されたのが、自治体が関与せずに助成金が受けられる企業主導型保育事業というわけです。

導入費用の違い 企業主導型保育事業と事業所内保育事業では、費用も異なります。 職員の資格 の職員の半数以上は保育士として下さい。