麒麟 が くる 最終 回 感想。 麒麟がくる|最終回 ネタバレ*感想【ワシの首は誰にもやらん】|DRAMARC

「であれば、是非もなし・・・」 突き刺さった矢を引き抜き、刀を持ち、戦場に戻る織田信長。 ドライに光秀の生涯を振り返ると、割と信用ならない人なんですよね。 伊呂波なんか無責任やなあ。

9

京都編以降にもっと時間をかけて、史実に残る出来事はもちろん、や信長の子供、側室を出すなどして信長の歪な為人を描く場面も欲しかった。

饗応役を解かれた光秀は別室に下がらされていて、必死に湧き上がってくる激情を押さえようとしていました。 信長も「十兵衛、おまえ、なんちゅう顔で睨みつけるんだ!」みたいな表情してましたから。

14

「様が、天下をと回してくれるわい」 今年の大河、もっと秀吉の出番欲しかったねえ……めちゃくちゃ好きなタイプのキャター。 それが狂気に転じていて、もう演技に感服。

これまでずっと懇意にしていた光秀との関係も大事にしたいけど、信長に逆らってもし敗れた時には細川の家が途絶えてしまう危険もある。 このドラマの光秀は自分の領地の治世がうまくいっていたので、生きていて欲しいと望む人は多かったかもしれません。

11

本能寺の変に至るまでの十兵衛/光秀と信長の関係の変化、最高でした。 光秀の心がグワングワン不安定になっているとは露知らぬ信長は、素知らぬ顔で 「秀吉が援軍よこせってうるさいから助けに行ってほしい」と頼んでくる。 「殿・・・、皆思うところは同じでありますぞ!」 そして、三人の家臣は礼をして、 「光栄でございます」と声を揃えました。

17