レペゼン 地球 解散。 レペゼン地球の解散スピーチでDJ社長が推奨していたコピーライティング術とは?|剣八@令和のメディア戦略|note

しかし7月、パワハラの炎上商法騒動によって公演は中止に。

4

レペゼン地球のトラックメーカーであるチバニャンは2日、ツイッターで「新プロジェクト、Candy Foxxがスタートしました。 「GOSHI GOSHI」は和のテイストを前面に押し出したEDM。 これをこれまでのストーリーと共に伝えることで、より私たちに響くようになっています。

未だかつてないレペゼン地球最後を飾る大きな特典をご用意致しました。 それ以外にはかっこいいやいずれ入れてみたいという 好意的な発言も多くありました。 そうした戦略や苦労した面も伝えながら、やっとたどり着いた念願のドームLIVEの前に炎上し挫折。

10

5人組DJ集団でYouTuberとしても活動するレペゼン地球が5日、自身のYouTubeチャンネルを更新。 なお、解散に伴いこれまで配信してきた楽曲・動画もすべて削除されている。 続けて、メンバーの逮捕や会社倒産の噂も否定した上で、解散理由については「最初からそう決めてたからです」と一言。

8

なので、これはDJ社長が言うように「普通の人」が「ビジネスの力」を使って、なるべくして「日本一のDJ集団」になったことは間違いありません。 これはこれからビジネスをやる方はもちろん、会社で営業をされている方なども身に付けて置いて損のない能力なので、ぜひこの記事を最後読んでコピーライティングを身に付けるきっかけにして頂ければと思います。 この「新たな誕生」「新たな命」というワードから、 名前や形を変えて再結成されるのでは?と予想されるに至ったと考えられます。

これはガチで本人から聞いた。 社長達が見たい景色に近いモノ見せてあげられるんじゃないかな。

9

英語の勉強もしていて、「世界を目指す」という発言をしているため、レペゼン地球は解散後、 音楽で世界に進出することを目標にしていると考えられます。 こちらの嵐が出演していた年賀はがきのCMでは 「このつながりは一生もの」というキャッチコピーが使われていました。

3