実写 版 弱虫 ペダル。 弱虫ペダル : 作品情報

選手が着用しているジャージは青みがかかった白地に胸元には赤い2本ラインと「箱根学園」の文字が、肩に青いラインで右側が「HAKO」、左側に「GAKU」の文字が、横側は黄色いラインに「KANAGAWA」の文字が入る(アニメ版は黄色いラインの中に白いラインに変更されている)。 坂道とはインターハイの期間中直接会話するシーンはないものの、半年後に秋葉原の喫茶店で偶然顔を合わせ 、インターハイで箱根学園に勝ったことを謝る坂道を金城の言う「意外性」 と評したうえで、(優勝したことを)誇れと話す。 アニメ劇場版の熊本のレースでは1日目に福富・石垣と共に競いゴール直前までトップ争いを続けるも福富に抜かれ2位となる。

11

3月3日生まれ。 葦木場も悠人に「全盛期の状態で戦えばおまえは負ける」というほど。 3日目は1日目で手嶋に対しての非礼な態度を取ったことを謝罪し強いキャプテンと評価した。

14

[映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ]• [こどもつかい]• 補給食として ()を携帯して、レース中によく口にしたり仲間や他校の選手にも分け与えたりしている。

2年目のインターハイは前年度覇者ということもあり、1日目は複数の相手校からマークされ足止めをされるが、それを突破して山岳ステージを3位で通過、山岳リザルト争いで力尽きて落車しそうになった手嶋を間一髪で救う。 ラーメン屋の早食いの記録も持つ。

東堂にカチューシャをつけるきっかけを作り 、4~5年後に地元でインターハイが開催することを教え箱根学園に進学するよう勧めている。

8

[TOO YOUNG TO DIE! 自分が一番と豪語しながら他人を嘲弄する不遜な態度を見せ、勝利のためならダーティーな手段も厭わないなど、あまり穏やかではない性格。

5

[凪待ち]• 2日目に御堂筋の指示で限界まで自転車を引かされ、山頂の途中でリタイアする。 ゼッケン番号はインターハイでは1年次が176、2年次は1。 この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。

14