渡 鹿野島 全盛期。 三重県・禁断の島「渡鹿野島」

【高木さん】 風俗が一気に多様化した2000年ごろを境に、島の売春は衰退に向かいました。

6

今年1月現在の情報では、島で稼ぐ女の子は日本人2人、タイ人2人の計4人。

このため、対岸の鵜方の街には今もタイフード食材店が残っている。 高木 そうですね。 頃からは、が主流になり、最盛期には数十人のフィリピン人が住んでいたが、1990年代半ば以上はが主流となる。

9

自分で生業をつくるという覚悟があるなら、とても恵まれた環境だと思う。 仕事内容 ・渡鹿野島で、2年後を目途に空き店舗を利用して飲食店と土産物の販売を行う店舗を開業する。

12

だが人口物ではない「島」は、島民の暮らしと共に今なお存在する。

16

2014年3月現在、朝6時50分 - 23時20分まで随時運行されているが、客がいる場合に運行されるため時刻表はない。 歴史と自然のぎゅっとつまった小さな島で、お店をはじめたい人はいませんか。

3

「かつて置屋の女将が管理売春で摘発された際、取調べを担当した警察官に色仕掛けをして内縁関係になり、しかも、その警察官は置屋のマスターに転身。 別件で伊勢に取材に出向くことになった筆者は、これを好機とみて島を目指した。

8

女性らは6畳一間ほどの部屋をあてがわれ自由恋愛を建前に娼婦が実際に暮らす部屋で売春が行われたが、これが島の典型的なシステムであった。 元警部補は、出所後は島でホテル経営などに携わり、島の観光産業の発展に尽力した。 に俳優のが映画『』の撮影で訪れた際、島民と意気投合して草人がを建てる話がまとまり、島から寄贈された大日山頂の別荘の門にが書いた「草人漁荘」の竹製の表札を掲げた。

13