プラノバール 副作用。 プラノバールの効果・飲み方・副作用…月経移動や避妊にも [薬] All About

中用量ピルであるプラノバールは、緊急避妊(アフターピル)に対して応用されます。 ウリプリスタール酢酸エステル ウリプリスタール酢酸エステルは 「エラ」の名称でも知られているアフターピルです。

17

副作用が発生してしまう問題には個人差がありますが、服用を続けることで生理周期が改善し、その後は服用せずに生理周期を維持していくことが目的な薬ですので、副作用を予めしっかり知っておき服用を続けられるようにしていきましょう。

11

プラノバールとはどんな薬? プラノバールは成分を「ノルゲストレル・エチニルエストラジオール」とし、黄体ホルモンと卵胞ホルモンが配合されているホルモン剤です。

体外受精前に採卵スケジュール調整のために処方されたり、月経の遅れなどホルモンバランスが安定しない周期にリセットさせる目的で処方されたりします。 薬としてはいわゆる「ピル」と同じで、偽妊娠状態になるので、つわりのような症状が出てしまうことがあるみたいだと、薬のことについて書いたサイトでみました。 プラノバールを飲み忘れた場合の対処法 飲み忘れた場合は、気がついたときに1回分を服用してください。

10

それほどでなくても疑わしいのであれば、いったん服用を中止し医師と連絡をとるようにしましょう。

16

重大・重篤な症状を伴う副作用は、通常滅多にあるものではありません。 副作用で吐き気などを引き起こすこともあるため、服用時には体調の変化に注意が必要です。

3

その他の副作用 体重増加、にきび 眠気、めまい 血圧の上昇 肝機能の異常、黄疸 などの症状も合わせて引き起こります。

4