ある 姫 ルーカス。 【ある日、お姫様になってしまった件について】第78話のネタバレ感想と妄想

ずっと傍にいると言ったのに自分を置いて去ってしまったダイアナに対して不埒は分かりますが、アタナシアを遠ざけたのはクロードであって、どこが不埒なのだろう?と・・・これは日本語訳出たときに確認することにします。 クロードの実子ではないことは、クロードと原作を知るアタナシア以外、誰もいない。 アナスタシアのことを憎んでしまえば気持ちの落としどころもあるんでしょうけど、性格的に難しいでしょうね。

5

イゼキエルは、その魔法使いが、数年前に僕の代わりにお姫様の話し相手に決まった人物かと聞くので、アタナシアがルーカスをチラっと見ると、なんとも言えない笑みを浮かべていた。

18

待てない場合はポイントを購入して読んでみてくださいね。 私たちはいつものようにティータイムを楽しんでいた… でも… パパが急に咳き込んで、血を吐いて、倒れた…。

の展開も見たいですね。

15

) 『…お前は私に皇帝宮に入る準備をしろ、と言ったな。

冷血な性格で、感情の起伏がない。 今まで教えてやったのに分からなかった塔の奴らはバカだったんだと。 そんな様子のルーカスを見てアタナシアは思います。

16

なぜ魔力が暴走してしまったのかという点は、ルーカスも疑問に感じていたようです。 自分の塔だけならまだしも、陛下のことは命に係わる事なので相当怒っています。

14