デパス 認知 症。 第151回(2016年3月) 認知症のリスクになると言われる3種の薬

そのため、近年は薬の一般名をつけることに統一されてきています。

1

これでは仕事にならない。

13

9.まとめ• さらに、これらの薬を長期間にわたって服用していると認知症の発症率が上がるということもわかってきました」 このように、デパスはとりわけ高齢者にとって恐ろしい薬であるにもかかわらず、これまで日本では野放しで処方されてきた。

16

当初は、様々な名称のジェネリック医薬品が発売されていました。 その副作用のためか、30日を超える長期投与ができていたデパスが、 2016年11月から30日分を限度とされる内服薬になってしまいました。

18

睡眠導入剤は「脳の機能を低下させて眠気を誘うもの」と「自然な眠気を強化するもの」の二つに大別される。 。 デパスが、重複処方される診療科で 最も多いのは、内科と整形外科の組み合わせです。

2

高瀬 それでもおじいちゃんは几帳面に朝昼晩欠かさず飲んでいたんです。

1

ガイドラインどおり高齢者にはできるだけ使わないという方針は守るべきですし、依存性を考えれば若年者も決して簡単に使用してはいけません。

7