ドライバー プッシュ アウト。 [mixi]ドライバーの引っ掛けとプッシュアウト

上半身を意識した素振りで振り遅れを直す プッシュアウトの原因となる振り遅れは、下半身が早く回りすぎるために起きるケースも目立ちます。 どうしても直らない場合はフック形状のきついドライバーに変えてみるのも一つの方法です。

11

そこで、 手元が柔らかい シャフトを使えば、柔らかいシャフトがしなり、振り遅れによるプッシュアウトのミスを軽減できます。 もちろんそのまま飛球線後方を上がっていくわけでなく、身体の回転に伴い徐々に内側に弧を描いていくのだが、僕の場合は、この弧が急すぎたのだ。

14

そこで、動画で紹介している横の素振りを行い、横振りのイメージづけを行ってから打つと、振り遅れによるプッシュアウトの防止に役立ちます。

3

右を向いているのが原因で右にボールが飛んでいるのに、アドレスの向きを変えずにスイングで右に行かないようにしようとすると、スイングを壊してしまうこともありますので、まずはアドレスの向きをチェックし、正しければ、アドレス、スイングを直すようにしてください。

私も一時悩みましたが 私の場合は「ドライバーを飛ばそう」と力みすぎて 結果捻転やフェースローテーションがうまくいかず インパクト後のフェースが右を向き そのまま右方向へ一直線・・・でした(涙 今思い出してみると グリップに力が入りすぎて 体全体の力みがとれず インパクト後にヘッドと一緒に 体全体も打ち出し方向に持っていかれていたような気もします。 重くしたくないなら、50g台でも硬いシャフトにしてください。

11

まとめますと• まず、アドレスで構えた時のフェイスの向きに対して、軸がどの位置にあるかです。

20

またシャフトが長いと、手元はインパクトのところにきても、クラブヘッドは遅れてきてしまい、どうしても振り遅れやすくなりますので、プッシュアウトやスライスが出やすくなってしまいます。 左に打ってしまうミスが出ることはあっても、プッシュアウトが繰り返されるリスクは軽減できるでしょう。 体の回転重視の正しいフォロースルーからフィニッシュにつなげる動き 最後に、正しいスイングでプッシュアウトを解消するために、フォロースルーのクラブの動かし方も大切なポイントになります。

11

ゴルフのプッシュアウトの直し方は【正しい本質を理解することが重要】 プッシュアウトが出るという場合は、インパクトでフェースが開いているという事が原因としてあげられます。

10