アイマス ssヤンデレ。 妖精「好感度視覚化眼鏡でし」 艦娘達「普段冷たい提督の好感度が高過ぎてヤバイ」

ツーーーーーッ… カサッ…カリカリ… …ツーーーッ 耳かきの匙が軽く耳の穴の入り口に触れ、穴に沿ってゆっくり、一周,二周と優しく掻きあげていく。 」 司令官「これなら俺でもできそうだし、いっちょやってみるか! 第8回総選挙で、ゆかりが総合49位に入り圏内初入賞。 何故、自分の口からそんな言葉が出たのか。

分かった分かった、軽々しく「耳かきをしている~」なんて言っちまったことは撤回する。 すくっと立ち上がった長門は、それまで膝の上に乗せていた読みかけの本を椅子の上に置き、テーブル沿いにぐるりと回って俺の横へ歩み寄ってきた。 そろそろリア充撲滅隊に制裁を加えられるんじゃないか?」 「いや、大丈夫。

10

産毛に絡まった耳垢が引っ掛かると、カリカリと匙の先っぽで掻き剥がしているようだ。

14

じゃあ、響のこと頼むわ」 律子「はい。 僅かな痛みはあるものの、それ以上に脳内からじわりじわりと沁み出るようなこの気持ち良さは、一体何なんだ? ガリガリッ…カリカリ… パリパリッ…カリカリ… 耳かきはゆっくりゆっくり位置を変え、鼓膜の周りを掻き上げていく。

18

繊細な長門の匙加減により痛みをほとんど感じる事も無かったお陰で、肩の力も直ぐに抜けた。 だからこそ、その優しさから逃げたかった。

3

分からないのは、あなたが今行っていること」 だから、これは耳… 「あなたが今手にしているのは、ボールペンのキャップ。 本当に撮られていたらどうする気だ?あれ以上ロビーにいたらまずいから部屋に入ったけれど」 千早「私はアイドルではなく歌手ですから。

ハルヒの奴、人を呼びつけておきながら、自分は部室へ顔も出さずどこをほっつき歩いているのだ。 申し訳ないです。

7